神の存在を科学的に証明?

今は亡くなられましたが、かのホーキング博士が、以前、神は存在しないと主張されたことがあったそうです。 これに対し、アメリカで、11歳で名門カーネギーメロン大学に入学した少年が、ホーキング博士の主張は間違っていると考え、神の存在を科学的に証明したいと考えているそうです。 神がいないという前提で宇宙の始まりを考えるより、神が宇宙を造ったと考える方が、色々と合点がいくそうです。 科学的に神を証明できるかは横に置いておくとして、その先に何があるかを考えて見ましょう。 神の存在が証明されれば、輪廻転生を信じ、悪いことをする人が減るかもしれません。 そうなれば、神の存在を証明することも、意味があると言えそうです。 しかしもう少し考えて見ると、もし神の存在が証明された方がよいなら、神は最初から自分で、人間にその存在を理解させようとしないでしょうか。 科学的に証明されることが重要なのではなく、一人一人が神を感じ、魂の修行に励むことが重要なのです。 その意味では、科学的に証明されるかどうかは、あまり重要ではないようにも思います。ただ、ここまで世の中が悪くなると、いっそのこと証明されて衝撃が走った方が、世界は良くなるかもしれませんが。。 神様は、普段から、ことあるごとに、人間以外の高次の存在をシグナルとして伝えてくださっています。科学的に証明されたものしか信じないというのは、なんというかまあ、まだ修行が足りないのでしょう。 目に見えるものだけを信じたり、科学的なロジックに頼っているうちは、まだまだ…

続きを読む

常に平常心

私たちは、他人に何か言われたり、状況が変化したりすると、冷静な心を失うことがあります。 しかし、魂の修行の観点からは、いかなる状況であろうとも、平常心を失わないように努めることが大切です。 心がかき乱されているうちは、まだまだ途上です。 人間としての修行を終え、高級神霊になったとしましょう。 人間を指導する側の者が、いちいち不安定になっているようでは、心もとないでしょう。 この世界は、神の掌の上のものです。 いかなる状況であろうと、神は見ています。 自分にできることに注力したら、後は不安や心配をもたないこと。(自分ができることをやったかの検証は必要です) 平常心が大切です。 --1日1回、下記[癒し・ヒーリングランキング]をクリックして頂き、当ウェブサイトの普及にご協力頂けると幸いです!!このブログの愛読者の方に感謝です!癒し・ヒーリングランキング

続きを読む

正しい神の力を借り、悪神や悪霊に負けないこと

地球は、魂の修行場ですので、悪神や悪霊が漂っており、いわばカオスな状態になっています。 こちらからは霊界が見えないので、向こう側が有利にも見えますが、正しい行いをしていれば、正しい神々の力を借りることができますから、過度に恐れることはありません。 悪神や悪霊にかどわかされて、不徳を積まないように気をつけましょう。 神や仏もあるものかと強がったところで、所詮は神の手のひらの上です。死後に地獄で数百年と苦しむだけでよいことは何もありませんので、やめておきましょう。 人間は肉体を持つため恐怖の感情が伴いますし、年齢が上がるとどうしても積み重ねて来たものがあり、守りに入りがちです。 しかし、究極的には、死んで肉体がなくなった瞬間に痛みや苦しみはなくなり、しがらみから解放されるのです。 しかも何度も人生を繰り返しているのです。 このように考えると、人生が楽になります。なお、悟りがたりず、この世への執着や未練があると、死後肉体がなくなっているのに、苦痛が続きます。ですので、どうせ死んだら肉体はないのだからと、悪さをし放題するのは間違っています。そのような場合は、地獄で苦しみます。 悪の道を追求してこの世への執着や未練を捨てても苦痛が続くのか?という問いには続くというのが回答です。そのような場合に責任を取らずに逃げ切ることはできません。 悪神や悪霊の誘惑には耳を傾けず、心を澄まして世界を見ると、面白いことは色々転がっています。俗世の基準ではなく、魂の修行の観点から見てみるとよいです。 --1…

続きを読む