急がば回れ:気づきのシグナル

創造神である大神様にとって、人間は皆我が子ですから、敢えて意地悪をして困難を与えるなどということはしません。

困難を与えるのは、魂や心の成長に必要だからです。

そうはいっても、できればあまり大きな困難には逢いたくないと思うのが人情です。

経験上、一般的に、神様は最初からあまり大きな困難は与えないように思います。何かその人間に悟って欲しい事柄、気づいて欲しい事柄がある時、まず小さな困難がきます。

そこできちんと対応できると、その課題はクリアということで、それ以上、同じような困難はあまり来ません。

しかし、そこで神の意図を悟れず、好き放題に過ごしていると、今度は、もう少し大きな困難が来ます。

そこでさらに神のシグナルを無視していると、もっと大きな困難が来ます。

困難の種類は色々で、健康・家族・仕事面で多くの困難が訪れます。その全てが霊障とは言えませんが、大抵の場合、何かしら霊障が影響していることが多いです。

神様のことを知らない人は、このような話をすると、大抵、先祖の助け上げや、土地の神様へのお詫び、稲荷の神様のお助けなどを面倒に感じられ、そんなことあるものかという反応になります。

そして、目先の問題を対処療法的に解決したり、先送りしたりするのですが、これは、後でもっと厄介な事態を招くことが少なくありません。

急がば回れということで、霊障をきちんと解決しておけば、それ以上に面倒な事態にならないことが多いのです。

road.png

神様に心を向けて頑張り、この子は大丈夫そうだ、よく理解しているなと思われると、大難は中難に、中難は小難に、小難は無難にして導いてくださいます。

なお、補足として、神の道具として使われる場合(前世から約束していたり、あるいは今世の修行が進んでいる場合などに神様から使われることがあるようです)、他人の痛みを理解し、さらに心を成長させるために困難が来ることがあります。

--
下記[癒し・ヒーリングランキング]ボタンを押して、あなたも、神様の教えを広める一歩を踏み出しましょう!

この記事へのコメント